×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

デトランスα ノアンデ 比較

わきがは嫌われている?わきがのケアに有効なデオドラントは?

わきがってだけでこんなに肩身の狭い思いをしなくてはいけないの?
日本て体臭が少ない体質の人が多く、臭いに厳しいんですよね。

 

特にわきが。酸っぱい臭いのような汗臭さよりも日本人手わきがの臭いに敏感なんです。男女の仲になったときにわきがの臭いに冷めてしまって別れてしまったり、通勤の時に汗をかくせいでわきがの臭いがするから会社の人からのけ者にされたり、陰口を言われたり。

 

いろんなわきがに関する嫌なエピソードを持っている人がいるかと思います。

 

わきがはある意味仕方のないことです。わきがは遺伝だったり、食生活だったり、着ているものだったり、いろんな要素があるものの、やはり遺伝、体質によるものが大きかったりします。

 

わきがの人からしたら臭いがしてしまうことは仕方のないこと。けれど周りの人にはこの一言だけでは済ませることができません。一般の人からしたらわきがのケアはエチケットだと思われています。

 

だからわきがのケアをしなくてはとこまめに脇汗を拭きとったり、ミョウバンを試してみたり、デオドラントスプレーを使っているなんて人が多いと思いますが、1日中効果を感じることができずに午後なったり、汗をかいてしまうと臭いがしてきてしまって困っている人が多いのではないでしょうか。

 

そこでこのサイトでは、口コミでもわきがに効くデオドラントで有名な、「ノアンデ」「デトランスα」を比べてみました。

 

わきがに効く?ノアンデとデトランスαを徹底比較!

 

ノアンデとデトランスαを実際に比較してみました。

 

ノアンデとデトランスαの基本情報

製品名

ノアンデ

デトランスα

  全身 脇

公式ページ

タイプ

プッシュ式クリーム

ロールオンジェル

使用場所

全身

容量

30g(約1月)

25ml(1ヶ月〜)

値段

定期コース4960(税別)送料無料

初回限定2900円+送料600円(定価4800円)

デオドラントのタイプと使用場所

ノアンデはクリームタイプのデオドラントなのに対して、デトランスαはロールオンジェルタイプです。ノアンデはプッシュ式なので手に付けて脇に塗るといった使い方が主になります。

 

デトランスαは直接肌に塗るタイプのデオドラントですね。ノアンデはエアレスボトルなので、肌に直接つかないので肌に直接塗るロールオンタイプンが衛生的に思わない、抵抗がある人はクリームタイプがおススメですね。

 

使用場所に関してですが、ノアンデはクリームタイプなので全身に塗ることができるようですが、デトランスαはロールオンタイプなので脇専用でつかうことになります。足のニオイや胸など多岐にわたる使い方をするならクリームタイプのデオドラントがおススメですね。

 

容量

容量に関してですが、ノアンデは毎日、両脇に塗って1ヶ月ほど持ちます。デトランスαの容量が1ヶ月〜となっているのは後述するように、1度塗っただけで制汗作用が数日持つので、デトランスαが広告でうたっているように一度塗って10日持つとしたら1ヶ月どころではなく、2か月、3か月と持つ可能性があるということです。

 

私が使ってみたところ3日は汗が出ませんでした。デトランスαを使っている人の口コミを見ると大体3日〜5日のスパンで塗りなおしていて、1ヶ月〜2ヶ月ほどもつのが実際のところですね。

 

値段

値段は見てもらえばわかるように送料込みで考えるとノアンデが1月約5300円、デトランスαが3500円になります。デトランスαの価格は初回限定価格が2900円で2回目からは定価の4800円になります。ノアンデは定期コースで約40%OFFで購入することができます。ノアンデはいつでも定期コースのお休みを中止をすることができるので、定期コースの値段が実質1本の値段になります。

 

ノアンデとデトランスαの効き目を比較してみました。わきがに効く?

製品名

ノアンデ

デトランスα

消臭力

制汗力

持続性

使用感

香料

なし

なし

表の評価は△→○→◎の順番で効果が高いことを示しています。

 

どちらもわきがに効果あり!

結論から言うと消臭に関してはノアンデもデトランスαもわきがの臭いを十分に抑えることができました。

 

デトランスαは使い初めは毎日塗っていき徐々に頻度を減らしていくのですが、汗が止まったなって思ってからは全く汗が出なくなってわきがの臭いは気にならなくなりました。ノアンデも持続性が良く塗りなおさなくても1日中ニオイを防ぐことができました。ノアンデは汗に強いデオドラントで、汗をかいたと思ったときでも効果が半減されてし舞うということもなく、ニオイは気になりませんでした。どちらも持続性については申し分ないと思います。

 

 

ノアンデとデトランスαの違いは制汗作用と使用感です。

 

ノアンデとデトランスαの違いは制汗作用使用感です。

 

両者のこの違いはデトランスαとノアンデのニオイに対するアプローチの違いが表れています。

 

ノアンデは消臭効果に加え、殺菌&抗菌、制汗作用によりニオイの原因菌の繁殖を防ごうとするものです。それに対してデトランスαはニオイの原因菌が繁殖するために必要なアポクリン汗腺から分泌される汗を止めることで汗、わきがを防いでくれているのです。

 

制汗作用

制汗作用についてですが、脇に使ってみたところデトランスαはまったく汗が出なくなったのに比べてノアンデは汗の量は減るけど完全に汗が出なくなるわけではありません。ただ衣類の汗シミが気になっていた人には十分に汗の量が減ったと実感できるくらいには汗の量は減りました。

 

使用感

ニオイも抑えてくれて、汗も全くでなくなるデトランスαの方が一見優れているように見えますが、その分使用感に大きな違いが表れています。クリームタイプのノアンデは良く伸びて肌にすぐに馴染んでくれます。質感は塗った後はべたつかず、さらっとしています。そしてノアンデは肌に優しく実験データーでは200人に行ったパッチテストでは1人も異常がなかったとのことですが、デトランスαはふき取った後も人によってかゆみが出たり肌に合わない人もいるのです。脇が赤くなったりかゆくなってしまって、使用を継続できない人もいました。

 

ノアンデ、デトランスαの比較結果

製品名 ノアンデ デトランスα
メリット

・汗に強い
・全身に使える
・肌荒れしやすい、敏感肌の人でも使える

・汗がまったくでない
・数日に一回のケアで済む
・場合によっては長持ち

デメリット ・継続するときのコストが少し高い

・肌に合わないかもしれない
・脇にしか使えない

どちらのデオドラントも消臭力、持続力共にわきがには効果的でした。それぞれの特徴、メリット、デメリットについて簡単にまとめてみました。

 

お試しするならまずはノアンデを試してみて

ノアンデとデトランスαを比較してみて、わきがに効くデオドラントがどんなものかなって試してみようと思っている人はノアンデをおすすめします。

 

というのは、ノアンデには120日の返金保証があるからです。デトランスαには返金保証がありません。わきがに効くって言ってるけどやはり自分のわきがに効くかどうかというのは心配に思うところがあるでしょう。実際に使ってみて効果があるのかどうか見てから、使用を継続するのか返金して違うデオドラントを探してみるというのがいいのではないでしょうか。

 

それにデオドラントは毎日使うものなので、自分の肌に合ったものを使ってほしいと思いました。デトランスαはケアするのに手間がかからず、肌に異常がなければ長持ちしてくれるし効き目も高いいいデオドラントなのですが、肌に合う、合わないは体質によるものなので、あまり無理はしない方がいいと思います。わきがのために肌荒れを我慢するのはとてもつらいことですから。

 

そういったことを考えると初めてわきが専用のデオドラントの使用を考えている方にはノアンデが失敗なくわきがのケアができるでしょう。

 

わきが対策専門ブランドNOANDEの公式HPはこちら

 

 

デトランスαとノアンデはネットでも人気の声や口コミの多いデオドラントです。デトランスαは脇汗対策としても有名なデオドラントですが、わきがにもとても効果のあるデオドラントです。このサイトでは使用感や実際に使ってみての感想を比較、紹介していこうと思います。